情報システム学部

知識と実践力を身につけ、現代社会で活躍できる人材を目指す。


学部長
平岡 透

  • 専門分野:地理情報工学、画像工学、デジタルアート、地域防災など
  • 主要担当科目:オペレーションズリサーチ、データベース論など
  • 学位:博士(工学)

 学部開設から5年目となる情報システム学部では、情報システムに関する知識と実践力を身につけ、高度情報社会における課題を解決できる人材を育成しています。これからのキーテクノロジーとなるloT?AI?情報デザイン?情報セキュリティ?量子情報理論の研究はもちろん、観光や環境?防災?農業にまつわる情報システムの研究など地域密着の分野にも力を入れているところです。カリキュラムには、長崎県内の島での体験を通したPBL(課題解決型学習)の「しまなび」や企業で活躍している人を招いた「企業研究」などユニークな授業をそろえています。ともに学び、最先端のITの世界や地域社会で活躍できる人材を目指しましょう。

このページの先頭へ

情報システム学部はこんな人を求めています

 情報システム学部では、情報システムに関する知識と実践力を身に付け、高度情報化社会における課題を解決できる人材の育成を目指すため、以下のような資質を持つ人を求めています。

  • 情報技術や情報セキュリティ技術に強い関心を持つ人
  • 高度情報化社会における諸問題について解決を図ろうとする意欲を持つ人

このページの先頭へ

情報システム学部で養成する人材像

 本学部では、情報システムに関する知識と実践力を身に付け、高度情報化社会における課題を解決できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • システム開発にかかる知識や技術を有し、情報技術分野で幅広く活躍できる人材
  • 感性豊かな実践的創造力を有し、情報技術を駆使して創造的デザイン分野で活躍できる人材
  • 情報セキュリティに関する知識や技術を有し、情報セキュリティ分野で活躍できる人材

このページの先頭へ