看護栄養学部

総合的なカリキュラムで、医療?保健?福祉のリーダーを育成する。


学部長
大塚 一徳

  • 専門分野:教育認知心理学
  • 主要担当科目:教育心理学、発達心理学、認知心理学
  • 学位:博士(心理学)

 看護栄養学部では、医療?保健?福祉の分野において科学的?専門的知識の修得はもちろん、豊かな人間性を磨けるカリキュラムを準備しています。本学部の特徴は、看護?栄養健康学科の学生が目標を共有する仲間として活動し、お互いの専門性をともに学べることです。また、離島での実習をはじめとした統合的な学習を体験することで、地域のみならず世界の人々の健康と福祉の向上に貢献できる人材を育成しています。生活習慣病が増加し、少子高齢化が急速に進む現代では、人々の幸せと生活の質を向上させる取り組みが必要です。創造性豊かな思考力や実践力を身につけ、日本の医療?保健?福祉のリーダーをともに目指しましょう。

このページの先頭へ

看護栄養学部はこんな人を求めています

 本学部の学生は、看護師、管理栄養士などの国家資格を得て、人びとの健康に深く関わる人材になることを社会から期待されています。
 また、人びとが健康で文化的な生活を営めるよう、サポートする社会的使命があります。
 それらの実践には、科学的専門的知識とともに、あらゆる年齢層のさまざまな健康状態の人びとと接することができる豊かな人間性が必要です。そのため本学部では以下のような学生を求めています。

  • いのちの尊さを理解し、まじめに努力をする人
  • 人に対する思いやりを持ち、人の苦しみを共有できる人
  • 科学を重視し、適確に物事を行える人
  • 社会制度の変化に敏感かつ適正に対応できる人。
  • 協調性があり、他の職種の人々とチーム医療のできる人

このページの先頭へ

人材養成の方針

 人々の健康な生活を支援するため、豊富な科学的?専門的知識の修得と、あらゆる年齢層のさまざまな健康状態の人々と接することができる豊かな人間性を持つ人材の育成を目指すとともに、健康科学の基礎と応用を総合化した教育研究を推進することにより、実践的問題解決能力を養い、地域の保健?医療活動を通して、人々の健康と福祉の向上に貢献できる人材を育成します。

このページの先頭へ